ホーム食べ物のはなし ≫ 冷やしきゅうりでO157に感染 生野菜にも食中毒の危険がある

冷やしきゅうりでO157に感染 生野菜にも食中毒の危険がある


今年の夏、静岡の花火大会の露天で売られていた「冷やしきゅうり」で、O157、(腸管出血性大腸菌)の集団食中毒が起こっていました。

「冷やしきゅうり」というのは、生のきゅうりを調味液につけたもので、浅漬けのようなものです。

お祭りの露天などでは、竹串が刺してあり、きゅうり丸ごとかじりながら食べます。

普通、O157は牛の腸内にいる菌なので、肉食による感染はよく知られていますけれど、実は、野菜が原因の場合もあります。
牛糞に混じって、堆肥に菌が紛れ込んで残っていると、それで育った野菜が汚染されてしまうことがあります。

最近の野菜は、清潔な環境で育ちますから、水洗いだけで生で食べることも多いですけれど、実は、野菜にも食中毒のリスクはあるのですね。

どうしたら、食中毒を防げるのかですが、一番良いのは「火を通して食べること」です。 

サラダでも、温野菜サラダにすると、量もたくさん食べられますから一挙両得になりますよ。

生で食べるときは、できるだけ新鮮な物を使い、保存は必ず冷蔵庫で。

レタスやキャベツなどの葉物は、1枚ずつはがして流水で良く洗うこと。

キュウリやトマトなどは、特にヘタの部分を良く洗うこと。

加えて、手や、まな板、包丁などにもご注意を。洗剤でよく洗うことと、食用のアルコール消毒剤などスプレーしておくのも良いと思います。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet