ホームお家ごはん ≫ ブロッコリー人参の茹で野菜サラダ 「ゆでる」言葉いろいろ

ブロッコリー人参の茹で野菜サラダ 「ゆでる」言葉いろいろ


ブロッコリーと人参を茹でただけのサラダです。

インゲンやさやエンドウ、ジャガイモ、など、茹でるだけで一品になる野菜は重宝します。

yudeyasai01.png

茹でて、皿に盛り、マヨネーズやドレッシングをかけるだけの、工夫も何も無いメニューですが、我が家では生野菜のサラダより歓迎されます。
「ゆでる」は、水か、少し塩を入れたお湯に入れて熱を通してやわらかくする調理法で。「うでる」ということもあります。

「煮る」のと違って味付けが目的ではなく、材料を食べやすい状態にするのが目的です。

枝豆をゆでる時など、塩を入れて茹でる場合は「塩ゆで」とも言われますね。

また、ほうれん草などを沸騰したお湯に入れてしんなりさせることを「湯がく」と言います。

サッと熱湯にくぐらせたり、お湯をかけたりするのが「湯通し」

同様に油揚げなどの味を染みやすくするのに茹でたり、お湯をかけたりするのは「油抜き」

魚などをサッとお湯に浸けて表面をかためることは「湯引く」

「ゆでこぼす」のは、赤飯を作る時の小豆など、一度沸騰させてからゆで汁を捨てることを言います。

yudeyasai02.png

こうして見ると、日本語って調理方法に関する表現が豊かですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet