ホームお家ごはん ≫ おいしい栗のゆで方 冷蔵庫保存してから茹でた方が甘くなる

おいしい栗のゆで方 冷蔵庫保存してから茹でた方が甘くなる


夫の姉、義姉さんから、今年初の秋の味覚、栗をたくさんいただきました。

毎年いただくのですが、今年は早い収穫だったみたいです。大粒のきれいな栗でした。

夫によると、「大きいのを選んで親戚に配り、自宅では残りを食べるんだよ」とのこと。なるほどと、納得しました。ありがたいことです。

kuri01.png

いつもなら、新鮮なうちにすぐに茹でて食べるのですけれど、今年は違います。

去年、ネットで栗のおいしい茹で方をリサーチしていたので、それをやってみようと思っています。
義姉さんの栗は、裏山の栗畑で採れたての栗だと思うので、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しています。

なんでも、3日~1ヶ月くらい、冷蔵庫で保存してから茹でると、甘味が増すそうなんですよ。

スーパーで売っている栗は、収穫してすぐではないとは思いますが、やはり冷蔵しておくといいかもしれませんね。

(追記:冷蔵庫のチルド室に入れておくのが良いそうです)

kuri02.png

茹でる時ですが、使う分の栗を水洗いして、水につけて半日~1日おいてアクを抜きます。

(以下の写真は昨年茹でた時の写真ですが)

kuri03.png

ヒタヒタの水に塩を少し入れて火にかけ、栗が踊らない程度の火加減で約1時間茹でます。

水が少なくなって栗がむきだしになったら、お湯を足してください。

kuri04.png

茹であがったら、軽く全体を混ぜて、水につけたまま冷まします。

冷めたらザルに上げて水切り。あとは食べるだけ。

kuri05.png

茹であがりに茹で汁につけたまま冷ますことで、栗がしっとり仕上がります。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet