ホーム食べ物のはなし ≫ もしやあなたも依存症? マイルドドラック中毒とは

もしやあなたも依存症? マイルドドラック中毒とは


最近、危険ドラッグを使って大事故を起こしたというニュースが多く聞かれて、恐ろしく感じています。

そんな違法薬物とは全然関係はないのですが、普通の食べ物でも、食べると快感を感じる、食べないではいられない、ついつい食べてしまう、というようなことがあります。

cake.png

たとえば、甘い物が大好きで、食べないではいられない。毎日ボテトチップスが食べたくなる、カップラーメンを食べない日はない、いつも炭酸飲料が飲みたくなる、ファーストフードが大好きでよく食べている。

マイルドドラッグ中毒」と言います。
糖分や 塩分・脂質などには中毒性があるのだそうで、食べると脳が快感を覚えて、麻薬に依存するのと似たような状態を作ってしまいます。

日本人の5割がマイルドドラッグ中毒だそうですよ。

胸に手を当てて、自分のことを考えてみると…… 甘い物は依存症に近くなっているかも。

食べないとイライラするとか、体調が悪くなるとか、そんなんじゃありませんけれど、しばらく食べないでいると食べたくなりますし、食べると、嬉くて気持ちがほっこり落ち着きます。

また、炭酸飲料は、普段はあまり飲まないのですけれど、心身が限界に近く疲れた時などは、コーラが無性に飲みたくなるんですね。それで、飲むと気持ちがスッキリ。

いずれにしても、中毒性が高いのは、甘味にしても、塩味にしても味の濃い食べ物、そして油を使った食べ物ですね。

そういう食べ物ばかりを食べていると、生活習慣病のリスクが高まります。

常習性を断ち切るのは大変だとは思いますが、徐々にその食べ物から離れるような工夫をして行きたいですね。

とにかく、1つのものだけ食べるのではなく、色々な物を広く浅く食べるのが良さそうです。

また、天然の食べ物の方が精製した食べ物より中毒にならないそうなので、食塩を天然塩に、砂糖を黒糖に変えてみる、塩糀や甘糀を取り入れるのも良いと思います。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

砂糖は昔薬扱いだった

こんにちは、

健康的な生活を送ってらっしゃるくきはさん、、
までもしかしてマイルドドラッグ中毒なんて
びっくりです。

でも砂糖の歴史では砂糖は本当に貴重で
薬扱いだったころもあるぐらいなので、

今は砂糖のとりすぎってことは、
考えられますね。

雪花 | 2014.08.26 14:54 | URL


Re: 砂糖は昔薬扱いだった

> 雪花さん

食べ過ぎないように気をつけてはいますが、
やはり、甘い物の誘惑にはなかなか勝てません(笑)

うろ覚えの記憶ですけれど、確か、江戸時代には、
オランダから入ってきた砂糖は、
金鉱山の金と取引されていたくらいと聞きました。

くきは | 2014.08.27 09:08 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet