ホーム食べ物のはなし ≫ 腸内細菌とは? 腸内の勢力争いで善玉菌を勝利に導くには?

腸内細菌とは? 腸内の勢力争いで善玉菌を勝利に導くには?


先日、腸内細菌のお話で、腸内では善玉菌と悪玉菌が勢力争いをしているということを書きました。
前の記事 →腸内細菌とは? お腹の中で善悪が闘っている

今回は、腸内の善玉菌を優勢にして腸内環境をよくするにはどうしたらいいか? というお話です。

oniku_20140821224056938.png

前回のおさらいをしますと、

悪玉菌はタンパク質を分解してアンモニアなど腐敗臭の素や、有毒物質を作り出します。

善玉菌は食物繊維やオリゴ糖などを食べて、酸を作り出します。

悪玉菌は酸の中では生きて行けません。

よって、善玉菌の勢力が強いと、悪玉菌は少なくなります。
悪玉菌が好きなのは、お肉などのタンパク質です。

タンパク質を腐敗させてアンモニアや発癌物質のフェノール他、有害物質を作ります。

さらに、腸内をアルカリ性にして免疫力を低下させています。

私たちがお肉ばかり食べていると、悪玉菌はどんどん元気になって喜ぶことでしょう(笑)

善玉菌は、食物繊維やオリゴ糖を発酵させて、乳酸、酪酸、酢酸などの酸を作り出しています。

食物繊維は、色々な食べ物から摂れますが、野菜や果物、海藻などにたくさん含まれています。

オリゴ糖も、少量ずつですが、野菜に含まれています。

野菜をたくさん食べることで、善玉菌は元気になってくれます。

ただし、タンパク質は私たちの体を作っている大切な栄養素ですから、まったく食べないと支障が出てきます。

ですから、お肉を食べるのは全面禁止ではありません。

お肉は、便の嵩を増やしてくれる作用もあるので、ほどよくタンパク質を摂ることは必要です。

でも、善玉菌を応援したいのなら、お肉以上の野菜や海藻を食べましょう。

レストランでステーキや、ハンバーグなど食べると、付け合わせに少しだけ野菜がついてきますよね。

あれだけでは全然足りませんから、同時にサラダや茹で野菜などをもりもり食べましょう。

「野菜中心の食事」
善玉菌を増やして健康な腸を作るには必要な食習慣です。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet