ホーム食べ物のはなし ≫ 食事を1日に3回食べるのはいつから?

食事を1日に3回食べるのはいつから?


日本では、一般的に一日3回食事をしますが、これは、思っていたより最近のことみたいですね。

最近とは言っても、江戸時代中期の頃だそうです。

それ以前は、武士やお公家さんは一日2回が一般的。

gohan.png

一般庶民はお腹が空いたら食べるという習慣だったそうで、人によって、生活状況によって、日に1回の時もあれば、数回食べていた人もいたとか。

武士やお公家さんが一日に3回の食事を食べるようになったのは、一説に、灯りの普及があったからだと言われています。
昔は電気がありませんから、朝に日が昇ったら起きて仕事をし、夜に暗くなったら家に帰って寝る生活でした。

夜更かしして読書もできず、夜なべ仕事をすることもできず、お日様とともに生活していたのですね。

ところが、江戸時代になって戦争がなくなり、社会が安定してくると庶民の生活にも余裕がでてきました。

夜の闇を照らす灯り、当時は油でしょうか、一部の人だけでなく、武士や商人庶民も使えるようになってきたそうです。

そうすると、勤勉な日本人は夜も仕事をしたりして夜更かしする人も増えてきた。

夜更かしすると、お腹が空きます。そこで夜食。3回目の食事を摂るようになったのだそうです。

その頃には、米の生産量が増えて、たくさんご飯が食べられるようになったことも、3食になった理由と考えられます。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet