ホーム食べ物のはなし ≫ 腸内細菌とは? お腹の中で善悪が闘っている

腸内細菌とは? お腹の中で善悪が闘っている


まず、最初にお断りしておきますが、今回のお話は「臭い話」です。

食べ物のブログなのに、こういう話で恐縮ですが(汗)

食べれば出るのが自然の流れ、健康であるためには切り離せない問題です。

ballance.png

つかぬことをお聞きしますが、う○ち、臭いですか?

そりゃ、当然、う○ちだもの、臭いのが当然…… とお思いでしょう?

実は、違います。
健康な腸の人の排泄物は臭くないです。

昔、便秘で苦しんでいた私が、便秘解消するため、食事を気にしたり、サプリメントを飲んだり、色々やってきて、実体験としてそう言い切れます(笑)

もしかして、自分のは臭い、または、パートナーのトイレの後には入りたくない、と、思っていませんか?

もしそうなら、あなた、またはパートナーの腸内に悪玉菌が勢力を張っていることが考えられます。


人間の腸の中には、100種類以上、100兆個以上の細菌が生息しているのだそうですよ。

授乳期の赤ちゃんのお腹には善玉菌しかいないのですが、世の中に出て、色々な食べ物を食べるようになると、どんどん菌が増えてきます。

おおまかに言って、菌は、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌、善玉菌に分けられます。

悪玉菌は人間にとって悪影響をもたらす菌
善玉菌は良い影響をもたらす菌
日和見菌は、人間が弱ってくると暴れ出して悪い影響を与える菌です。


善玉菌と悪玉菌は、腸の中でいわば勢力争いをしています。日和見菌は、強い勢力の方につくという感じでしょうか。


悪玉菌は、ウェルシュ菌や大腸菌などが代表的です。

悪玉菌の好物はお肉。たんぱく質を分解してアンモニアなどの腐敗臭の素を作り出します。

腐敗臭、これですよ。臭い原因は。

排泄物が臭いということは、腸内に悪玉菌がたくさんいて、腐敗臭を作り出しているということ。 

その上、便秘で長期間大腸内にとどまっていたりすると、さあ大変(笑)


善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌などが良く知られていますね。

善玉菌は食物繊維やオリゴ糖をエサにして酸を作り出します。

悪玉菌は酸の中では生きていけませんので、腸内に善玉菌がたくさんいると、腸内に酸が増えて悪玉菌の勢力がそがれます。

腸内の善玉菌が優性だと、腐敗臭を作り出す悪玉菌が少なくなって、便秘は解消され、排泄物の臭いはしなくなります。

そういうわけで、腸が健康な人のう○ちは臭くないのです。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

No title

くきはさん、こんにちは。
えーーー、臭い・・・。
悪玉菌が居ますね、かなり。
じっくり読んだら、かなり恐怖におびえました笑

知らないとなんとも感じないけれど、これは体のサインが分かるいい方法ですね!!

ほしきょん | 2014.08.20 12:53 | URL


No title

こんにちは^^

子供たちが小さい頃って、
ニオイで体調が分かりました~

腸内環境って大切ですね♪

モンブラン | 2014.08.20 17:10 | URL


Re: ほしきょんさん

> ほしきょんさん

授乳期の赤ちゃんのうんちがあまり臭くないのは
お腹の中に善玉菌ばかりいるからみたいですね。

腸のなかで善玉菌が勝利すれば健康な腸になれます。

くきは | 2014.08.21 18:35 | URL


Re: モンブランさん

> モンブランさん

なるほど
 
> 子供たちが小さい頃って、
> ニオイで体調が分かりました~

お母さんの観察って繊細ですね。

腸の健康は、体全体の健康でもありますね。

くきは | 2014.08.21 18:37 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet