ホーム食べ物のはなし ≫ 体を冷やす野菜と温める野菜。自然はうまくできているね

体を冷やす野菜と温める野菜。自然はうまくできているね


自然というのは、うまく作られているもので、時に、誰かが意図して計画したのではないかと思ってしまうほどです。

暑い夏に採れる野菜の多くは体を冷やしてくれ、寒い冬に採れる野菜は温めてくれる効果があります。

また、暑い地方で育つ野菜は体を冷やしてくれる野菜が多く、寒い地方で育つ野菜は体を温めてくれる野菜が多いそうですよ。

tomato.png

スーパーでは季節を問わず、いつでも野菜が手に入るようになっていますが、やはり、旬の野菜を食べるのがいいのですね。
体を冷やす野菜の代表は、 きゅうり、なす、トマト、レタス、スイカなど。水分とカリウムが多い野菜です。

カリウムは余計な塩分を外に出してくれたり、高血圧の抑制効果があります。

体を温める野菜は、ねぎ、白菜、ごぼう、かぶ、ねぎ、しょうが、とうがらしなど。お鍋にしたり、煮たりして温かくして食べる野菜と、薬味にする野菜が多いですね。

人間の体は温めた方が免疫力が増すそうです。

夏場、暑いからと言って、体を冷やしてばかりいると体調を壊しかねませんから、薬味にネギやしょうがを使ったり、唐辛子などのスパイスを使ってみるなど、体を温める野菜も取り入れたいものです。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet