ホームスポンサー広告 ≫ 玄米を食べ続けているとフィチン酸の解毒作用で貧血になる?ホーム食べ物のはなし ≫ 玄米を食べ続けているとフィチン酸の解毒作用で貧血になる?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



玄米を食べ続けているとフィチン酸の解毒作用で貧血になる?


物には何でも表と裏があります。体に良い食べ物でも、過ぎると体を悪くしてしまうことがあったり。何事もほどほどが良いのかもしれませんね。

ミネラル分、食物繊維たっぷりで体に良いと言われる玄米ご飯ですが、食べ続けていると、必要なミネラル分まで体外に出てしまって貧血になる可能性あると言われています。

milkiqueen002.png

玄米の皮の部分、つまり、ぬかの部分には「フィチン酸」という物質があるそうです。

これは、鳥や虫に食べられないようにして子孫を残すための、お米の自己防御のための物質で、強力なデトックス作用を持っています。

そのため、体に毒になる物質だけでなく、必要なミネラル分。特に鉄分を体外に排出してしまうリスクがあります。
ただ、玄米は生のまま食べることはありません、熱を通して炊いてから食べますから、リスクは弱まります。

そして、体外に出てしまうとしたら、それをおかずで補うように心がけることが大切なのではないかと思います。

鉄分、カルシウム、他ミネラルの多い食事は、健康的な食事メニューでもありますので、あえて特別なメニューを作らなくても、普段の食事メニューで心がけて行けばいいことですよね。

『寝かせ玄米7号食ダイエット』の場合は、寝かせ玄米だけを10日間食べ続けることになるのですが、10日間と期間を区切っていますから、鉄分が極端に不足してしまうというリスクは回避されます。

そして、体調が悪くなるようなら、無理せず中断する勇気も大切です。

健康状態や体質は人それぞれですので、いくら体に良いからと言って玄米にこだわりすぎる必要はないのです。

ただ、そういうリスクもあるという知識を持った上で、家族や自分の体調と相談しながら食べて行けばいいのです。

それは、玄米食に限らず、他のどんな食べものにも言えることですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。