ホーム食べ物のはなし ≫ 植物が作り出す化学物質ファイトケミカルとは

植物が作り出す化学物質ファイトケミカルとは


三大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂肪。

ビタミン、ミネラルを加えて5大栄養素。

「食物繊維」が6番目の栄養素として認められつつありますが、

もうひとつ、7番目の栄養素とわれているのが「ファイトケミカル」で、抗酸化作用があるということで注目されています。
抗酸化についてはこちら→ 活性酸素をやっつけて若々しくいられる抗酸化物質とは

ファイトは、ギリシャ後で植物の意味、ケミカルは、化学。植物が作り出す化学物質という意味です。
ファイトケミカルは、自然界には存在していませんが、植物が自分の身を守るために自ら作り出す化学物質なんだとか。

植物のアクや、香り、色素などから発見されました。

現在は研究が進められている最中ですが、ファイトケミカルのほとんどの成分が抗酸化作用を持つということで注目されています。

たとえば、赤ワインに含まれているアントシアニン、お茶に含まれているカテキンなどポリフェノール類、緑黄色野菜に多く含まれているベータカロティンなどのカロテノイド類。

また、大根やわさびなどの辛み成分、イソチオシアネートは肝臓や消化管での解毒作用があります。

さらに、美容に興味を持っているかたはご存じかもしれませんが、お肌の乾燥や老化に影響する「セラミド」の不足を補ったり再生したりしてくれる効果もあるそうですよ。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet