ホーム食べ物のはなし ≫ 活性酸素をやっつけて若々しくいられる抗酸化物質とは

活性酸素をやっつけて若々しくいられる抗酸化物質とは


先日、体を酸化させ老化を進めてしまう「活性酸素」について書きましたが、今回は、その活性酸素を除去してくれる「抗酸化物質」のお話です。
前の記事 →老化を進める真犯人「活性酸素」とは

ringo.png

抗酸化物質は、文字通り、活性酸素が細胞を酸化するのに対抗してくれる物質です。

体内で作られるのものは「抗酸化酵素」と言います。
「抗酸化物質」は体外から食べ物などによって取り入れるものです。
良く知られているのは、ビタミンE、ビタミンC、ベータカロテン、カロテノイド、ポリフェノール類など、日常食べている野菜や果物に含まれています。

具体的には、

ブルーベリーやカシスに含まれるアントシアニン。 
お蕎麦にはルチン
大豆にはイソフラボン、
ゴマにはゴマリグナン、
お茶にタンニン、
トマトにはリコピン、
唐辛子にはカプサイシン、
ほうれん草にルテイン
海藻にはフコダイン
りんご等に含まれるペクチン

聞いたことのある物質が並びますね。

野菜中心の食事が良いと言われるのは、抗酸化物質がたくさん摂れるからという理由も大きいのですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet