ホーム食育講座受講記 ≫ 食育インストラクター講座テキスト4 食習慣と健康

食育インストラクター講座テキスト4 食習慣と健康


食育インストラクター講座テキスト4 食習慣と健康について学びました。

基本は、一日3食、きちんと食べましょうということですね。

特に朝食が大切。

脳のエネルギーになるのは、ブドウ糖だそうですが、朝ご飯を食べないと、エネルギー不足になって、ぼーっとしたり、集中力が不足したりして、ちゃんと仕事や勉強に向かえません。

でも、朝食べないことに馴れてしまうと、なかなか修正ができません。

やはり、子供の頃から、きちんと三食食べる生活を習慣にしておかないといけませんね。

そういいながらも、私も朝は苦手で、なかなか目が開かなくて、ご飯も食べられないのです。

朝ご飯は抜きませんが、夫を送り出して、一通り家事を終えてから、9時近くになってやっと食べるという、お勤めをしている人には、考えられないような日課になってしまっています。
夕ご飯は、母と私は7時から7時半頃には食べます。

これは平均的ですよね。

ただ、夫は仕事の帰り時間が不規則で、8時~9時頃帰れれば早い方。

時には、日付が代わって帰宅して、1時、2時頃に夕食を食べることもあります。

お昼に食事してから12時間以上も何も食べないでいて食事するわけです。

そして、食べてすぐに寝て、3~4時間寝たら、またすぐに起きて出勤ですから、これは、誰が考えても体に良くなくて、心配しているのですけれどね。

なるべく正しい食生活をするべきではありますけれど、実際にはなかなか難しいのが現実です。

でも、だからこそ、理想の食生活を知って、すこしずつでもそれに近づけていくことが必要なんですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet