ホーム食べ物のはなし ≫ 木村拓哉さんオススメ酵素玄米 (寝かせ玄米) 炊いてみました2

木村拓哉さんオススメ酵素玄米 (寝かせ玄米) 炊いてみました2


先日、今話題の酵素玄米(寝かせ玄米)を炊いてみたことをご紹介しましたが、寝かせ期間の3日間が過ぎたので、その後のようすをご紹介しますね。
前の記事 →木村拓哉さんオススメの酵素玄米 (寝かせ玄米) 炊いてみました

炊いてからまる3日間保温し続けた「寝かせ玄米」です。

kosogenmai17.png

保温をはじめてから、一日1回かき混ぜて、少し味見をしながら来ましたが、見た目も、味の変化もかなり大きいのに驚きました。
【炊きたて】

炊きあがりすぐの状態です。
kosogenmai16.png

小豆の色がうっすらついていて、玄米はしっとり柔らかく炊けていました。
もちもち感はありませんが、個人的にお味はこの状態が最高に美味しかった。

【保温1.5日】

写真を撮り忘れましたが、約1日半で味見しました。

そしたら、炊きたてのあのおいしさは何だったの? というくらいマズイ。

玄米は自体のうま味もあまり感じられないし、小豆がなんだか粉っぽくて口に残り違和感でした。

見た目の色は、炊きたてよりやや濃くなったくらい.。

【保温2日】

保温をはじめてからまる2日と少し立った状態。
kosogenmai18.png

さらに色が濃くなっていました。

水分が少なくなったせいか、玄米がボロボロした感じで、口触りが良くありません。昨日よりはもちもち感がありますが、中途半端な感じでした。

小豆の粉っぽさはまだ残っています。


【保温3日目】

保温をはじめてから、まる3日と少したった状態。
kosogenmai19.png

さらに色が濃くなって、もちもち感が出てきました。噛むともちもちと同時に、口の中に粘り、というか、ぬめりみたいなものが残ります。

味は落ち着いてきて、2日目よりは食べやすくなりました。が、やはり、小豆の粉っぽさが気になります。

水分が減ってより粉っぽさを感じるのかな。

もかすると、もっとしっかり吸水させてから炊けば違っていたかもしれません。

このあたりのことは、何回か炊いてみるとわかってくるだろうと思います。

kosogenmai20.png

3日間保温して、4日目から食べ始めて、10日目くらいまでに食べきるのが目安だそうです。

我が家では、私以外の家族は拒否権を行使しましたので(汗) 冷凍してしまいました。

おそらく、私だけが食べることになりそうです。

特に夫は、お米を作っている農家生まれなので、白いお米にこだわりとプライドを持っているのですね。それに、男性って割と、食べ物には保守的なので、すぐに受け入れるのは難しいのだと思います。


はじめて玄米を食べてみて、考えていたよりも普通に炊けるものなのだなと思いました。そして、かなり食べやすいです。

結構クセになるもので、白いご飯に戻りたいとはあまり感じていません。

今のところ、私は「炊きたて」が一番美味しいと思います。

荻野芳隆著「寝かせ玄米生活」によりますと、玄米を食べることに意義があるので、炊きたてが好きなら、炊きたてを食べれば良いと書かれていました。

まずは、自分が好きだ、食べたいと思う状態からはじめたらいいのだと思います。

【追記】
冷凍保存しておいた寝かせ玄米をレンジで熱々に温めて食べると、美味しく食べられました。ぬるい温度だと、小豆が粉っぽく感じるのかもしれません。
熱々がオススメです。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet