ホームお家ごはん ≫ たまにはピーマンを主役にしよう「ピーマンと豚こまの煮物」

たまにはピーマンを主役にしよう「ピーマンと豚こまの煮物」


ピーマンと豚こまの煮物です。

いつもは、他の野菜と一緒に使われたり、彩りとして使われたりすることが多いピーマン。

たまには、主役に抜擢してみようということで、ピーマンだけをお肉と煮ました。

特に、何の変哲も無いただの煮物です。

pmanni01.png

ですが、私は密かに好物なのです。

今は亡き祖母が畑で取れたピーマンを山ほど収穫してきて、よく、保存用に佃煮のように煮てくれました。

ピーマンは毎日、毎日かごいっぱい獲れるので、毎日毎日ピーマンの佃煮を煮ていました。

それで、ほろ苦いような、煮たビーマンの味が好きになったみたいです。

今は、昔のように濃い味にしては煮ませんし、タンパク質としてお肉も入ります。
ピーマンは10個くらい、タネをとって、縦4~8割にします。

豚こま肉 約200g ザクザク切って、酒と塩少々入れたお湯の中にくぐらせて霜降りに。

サッと水の中に入れて脂を流し、ザルに上げてよく水切りします。

pmanni02.png

鍋にごま油を入れて、お肉を炒め、ピーマンも入れてしんなりする程度に熱を通します。

だし汁、さとう、酒を入れピーマン煮て、煮汁が半分くらいになったら醤油を加えて煮ます。

煮汁の調味料の量はいつも適当なのですが、今回は、だし汁カップ1,さとう大さじ2、酒大さじ2,醤油大さじ2でした。

我が家の煮物の味つけは、基本、同割りです。

pmanni03.png

煮汁が少なくなって、煮汁がとろんと煮詰まってきたら完成。

pmanni04.png

できあがりすぐは、ピーマンの色が残っていますが、しばらく置くと色がくすんで茶色っぽくなってしまいます。
でも、味が染みて美味しくなりますよ。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

No title

こんにちは!
ピーマンは加熱すると甘くておいしいですよね。
豚肉と一緒に食べれば栄養バランスもいいですね♪
ピーマンが主役の煮物、そーめんなどと一緒にいただきたいです。

cappuccino_kehr | 2014.07.13 15:50 | URL


Re: cappuccino_kehrさん

> cappuccino_kehrさん

コメントありがとうございす。
ピーマン煮ると美味しいですよね。
子供の頃はあまり食べられませんだしたが、
最近おいしさがわかるようになってきました。

くきは | 2014.07.13 18:48 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet