ホーム感想・レビュー ≫ となりのトトロの世界は日本の原風景 子供の頃の自分を思い出しながら見ました

となりのトトロの世界は日本の原風景 子供の頃の自分を思い出しながら見ました


夜、テレビで、宮崎アニメ「となりのトトロ」を放送していました。

これまでの放送も何回も見ているし、DVDもレンタルして見ているのですがまた見てしまいました。

私にとっては、懐かしい子供時代の風景と重なるのです。

ちょうどメイちゃんくらいの頃、亡くなった祖父母がまだ若くバリバリ仕事をしていた頃。母がまだ嫁いで数年という若奥様だった頃、亡父がまだ若い教員だった頃。

私は、おなかが空くと、祖母の畑へ行っては、トマトやキュウリをもいで、もぐもぐかじっていました。

当時は、有機肥料で、農薬なんて使わないで栽培していましたから、その場で洗わないで食べても平気だったのです。

さつきちゃんとメイちゃんも、おばあちゃんの畑でもぎたての野菜を、小川で冷やしてかじっていましたよね。

何でも無い些細なできごとですが、おとなになると、心があたったかくなる記憶となって残っているものなのですね。

それと、お米を炊く釜。
おばあちゃんが、お釜で米をとぐ場面が少しだけ出てきます。

あの昔ながらのお釜。我が家の台所にもかまどがあって、当時は、母がたきぎでご飯を炊いていました。

お釜の底にできるお焦げが大好きで、醤油をまわしかけてお握りを握ってもらうのが楽しみてした。

私が家事を手伝う頃には、残念ながら、かまどは無くなってしまい、電気炊飯器に変わっていたので、たきぎでご飯を炊く方法は覚えませんでした。

そうそう、さつきちゃんが、家族の分のお弁当を作っていましたね。

私も小学4年生くらいまでは、給食がなくて、毎日お弁当を持って行っていました。

今のような可愛いキヤラ弁ではありませんよ、ご飯の上にはのり。卵焼きと、ベビーハムの焼いたのが定番で、毎日、毎日同じメニューでした(笑)

あまりにもベビーハムが続くので、しまいには、たまには他の物を入れてくれと、母に直訴したこともありましたっけ。

それでも、当時ハムが入っているお弁当は贅沢な方だったのです。

今なら、添加物がどうこうと言いたいところなのですが、当時はそんな意識はありませんでした。

となりのトトロを見ながら、そんなことを、あれこれ思い出していました。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

No title

私も『となりのトトロ』が大好きで、何度も何度もみています。
小学校1年生までは土間のある古い家に住んでいたので、かまどがかまどがあったような気がします。
(小さすぎて、ほとんど覚えていません・・・)
新しいうちになってからはガス釜でご飯を炊いていました。
母が当時では珍しくフルタイムで働いていたので、祖母がご飯を作っていました。祖母に料理を教わって、中学生になってからは祖母の代わりに夕食を作りました。
年齢的は少し違いますが、さつきちゃんのようにご飯を作っていたなぁ~と思いながら観てしまいます♪

お弁当だけは母が作ってくれました。
母の作ってくれた、ゆかりの入った海苔巻きが大好きでした。
自分で作るお弁当は、どうも美味しくないので、
今でも仕事に持っていく物は、お弁当ではないのです・・・笑

来年は長女が高校生になるので、お弁当生活が始まります・・・涙
次女のぶんも合わせると、通算で5年間!
しかも社食の旦那もお弁当がいいと言い出し・・・
本当に今から頭を悩ませている私なのです。

話が思いっきりそれてしまいました・・・
すみません・・・汗

れおんかあちゃん | 2014.07.13 19:34 | URL


Re: れおんかあちゃん さん

>れおんかあちゃん さん

はやくからお手伝いをしていたのですね。

ガス釜で焚いたご飯も美味しいですよね。
やはり火力が強いと美味しいのかもしれません。

母親の作ったお弁当は、特別なんですよね。
お嬢さんも、旦那様も楽しみにしているのでしょう。
これからは、お弁当もブログにアップされるかな、
楽しみにしてます。

くきは | 2014.07.14 08:49 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet