ホーム食育講座受講記 ≫ 食育を学ぶ理由

食育を学ぶ理由


私がなぜ食育を学ぼうと思い立ったのかですが、

かつて、我が家は7人家族でした。
ワイワイガヤガヤ、食事の時間は賑やかで楽しかったのです。

でも、祖父母が亡くなり、父が亡くなり
妹が嫁ぎ、人が減りました。

私は子供に恵まれなかったので、
現在、夫と実母と3人家族なのです。

大人ばかりの生活。
それぞれタイムスケジュールが違っていて
テーブルを囲んで食事することは日曜日の夜くらい。

なんだか、寂しいな……と、感じています。
せっかく食事を作っても、
夫も母も、美味しいでもく、まずいでもなく、

ただ、毎日習慣として食べるだけ

気がつくと、私自身が食事を作るのを
手抜きするようになっていました。

スーパーのお総菜や、コンビニ弁当。
確かに、美味しく作られていますし、

レトルトのお総菜の素も便利です。

そういうものに頼らなければ
メニューが決められないことに気がついて

少し慌てたのです。

このままでいいのかな、と思いながら
楽をすることを覚えた主婦は、なかなか習慣が変えられません。

最近、少し心の余裕と時間の余裕ができてきて、
何か新しいことがしたいと考えた時

あらためて「食」について学んでみたいと考えたのでした。

今のところはまだ、仕事に役立てようという目標はありません。
ただ、新しい知識が欲しい、興味を満たしたい。

そういう気持ちが中心ですね。

でも、学ぶことで、
私の中で何かが変わればいいなと思っています。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet