ホームお家ごはん ≫ 高野豆腐とインゲンの卵とじ/たこキムチ

高野豆腐とインゲンの卵とじ/たこキムチ


高野豆腐とインゲンの卵とじと、たこキムチです。

koyaingen01.png

妹が、たくさんインゲンを持ってきてくれたので、高野豆腐、玉葱と煮て卵とじにしました。
もどしてインゲンと同じ太さくらいの棒状に切った高野豆腐を使います。

鍋にお出しを入れて、スライスした玉葱を入れ、沸騰したら、スジをとって食べやすい長さに切ったインゲン、高野豆腐を入れて煮ます。

一煮立ちしたら、砂糖、を加えて煮て、だし汁が半分くらいになったところに、塩、醤油で味付けをします。

味が良く染みたところで、溶き卵を回しかけて8分通り卵が固まったら完成。ただし、我が家では半熟卵が苦手な人がいるので、しっかり火を通しました。

takokimuchi.png

タコキムチは、簡単に作れるので夫の酒の肴用に時々作ります。

市販の国産キムチに、茹でタコのスライスを混ぜるだけの一品です。

保存容器で冷蔵して、1週間くらい食べています。

キムチの辛さによって、味が変わりますので、お好みのキムチを使ってください。

今回は、いつもと違うメーカーの「甘めの味」と書いてあったものを使ったのですが、甘いどころか、いつもより辛くてヒリヒリしました。

それで、隠し味程度にお砂糖と、醤油を加えてみたら、少しは辛さが穏やかになりましたが、やはり、いつも使っているキムチにして欲しいとリクエストがありました。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet