ホーム食べ物のはなし ≫ 疲労回復にビタミンB1豊富な豚肉

疲労回復にビタミンB1豊富な豚肉


豚肉は日本では一般的に食べられている食肉です。

必須アミノ酸がバランスよく含まれている良質なたんぱく質です。また、ビタミンB1がが豊富なため、疲労回復効果が高い食品です。

niku.png

日本では弥生時代の遺跡から出土した骨が豚の骨と判明したことなどから、古くから食べられていたようですね。

『日本書紀』『万葉集』『古事記』などの古い書物には、猪飼、猪養という言葉があって、猪は中国では豚のことなので、当時から豚の飼育がされていたと考えられています。

天武天皇5年(675年)に、日本で初めて「肉食禁止令」が発令されましたが、

その当時禁止された肉は、ウシ・ウマ・ニホンザル・ニワトリ・イヌの肉で豚は含まれていませんでした。

……って、サルや犬も食べていたのでしょうか。
その後、時代が進むにつれて日本では獣の肉を食べる習慣がなくなり、薩摩藩や沖縄だけで養豚が続けられていました。

しかし、まったく豚肉を食べなくなったかというと、そうでもないようで、薩摩藩の江戸屋敷では、豚を飼育して町で販売したという話や、将軍・徳川慶喜が食べていたという話が伝わっているようです。

一般の人が豚肉を食べるようになったのは明治維新後です。

関東大震災以降には、養豚ブームが起こり、そのため供給量が増えて安くなったため、庶民にも手が届く食品になりました。

豚肉の生食は危険なので、しっかり火を通してから食べましょう。

豚自体が豚ヘルペスウィルスやトキソプラズマ、E型肝炎などの感染症にかかる場合があり、流通している間にカンピロバクター、リステリア等の食中毒原因菌汚染の危険もあります。

また、赤身の部分には、有鉤条虫の幼虫(有鉤嚢虫)の寄生虫がいる可能性もあるそうで、たくさんのリスクが考えられるので、牛のように半生で食べることも避けた方がいいですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet